【日帰り登山】岳ノ台:丹沢ヤビツ峠から歩くおすすめハイキング

Yamarii独占

急勾配の地形に数多の沢をかける丹沢。神奈川県の主たる山岳地域であり、ハイカーから本格的に登山を志向する人まで、多くの登山者が訪れる人気エリアです。

初心者にも人気の丹沢は主に1日の日帰りルートが多いですが、短時間で山頂を目指すことができ、半日でもゆっくりと歩ける山があります。その中から今回は、ヤビツ峠から山頂を目指せる岳ノ台をご紹介します。

目次

岳ノ台とは

丹沢で最も登山者に登られている表丹沢エリアに位置する標高899mの岳ノ台は、頂上に休憩所を備えた静かな山頂が特長の山です。

周辺のメジャールートから少し離れた位置にあるため登山者は少なく、静寂の中で山の世界に浸りたい人におすすめの山頂です。

スタートとなるヤビツ峠は大山・塔ノ岳をはじめとした表丹沢の人気の山々に登る起点として知られ、もう一方の菩提峠は広々とした駐車スペースを持ち、岳ノ台の他、丹沢人気の登山ルートである表尾根を往復する際に利用されています。

静かな樹林帯を歩きながら適度なアップダウンを経るコースは、ヤビツ峠からのコースタイムは30分と短いながらも、初心者の方には登山の感覚を掴むのに丁度良く、経験者の方であれば家族や友人を連れて山を歩く感動と自然の中の静寂を感じてもらうのにピッタリです。

山頂からは周辺の山々の眺望があり、全身を広げてゆっくり休むも良し、家族や仲間と時間を忘れて語らうのも良しと、苦難を経て山頂を制す山とはまた違う、山でじっくり過ごす贅沢を味わえる山です。

目的に応じて誰もが楽しめる山、それが岳ノ台です。

今回のおすすめルート

今回はヤビツ峠を起点にして山頂を目指すルートをご紹介します。

表丹沢の玄関口のひとつであるヤビツ峠起点のルートは、アップダウンのある樹林帯を中心に歩きながら、途中に東屋を経る休憩が取りやすくファミリーハイクにおすすめのルートです。

山頂までのコースタイムは片道30分程で、短いながらも丹沢が持つ里山の雰囲気を味わうことができます。

このルートの魅力は半日をゆっくり山の中で過ごせるだけでなく、起点となるヤビツ峠はトイレや無料駐車スペースといった環境が整っているだけでなく、登山口そばにあるヤビツ峠レストハウスで軽食を摂ったり記念の品々を入手できるといった、登山以外の楽しみもあるのもポイントです。

山歩きの楽しみがギュッと詰まったヤビツ峠ルートは、時間に迫られないからこそ新しい山の発見を得られるおすすめルートです。

駐車場とトイレ

駐車場は登山口であるヤビツ峠に20台前後無料で駐めることができます。休日は朝早くに埋まってしまうので早めの到着がおすすめです。トイレは駐車場の目の前にあります。

行程

片道コースタイム体力レベル技術レベル
30分★☆☆☆★☆☆☆

ルート紹介

ヤビツ峠をスタートします。駐車場の反対側に登山口があります。

はじめは緩やかな登り。気持ち良い陽光が入ります。

樹林帯に入り、階段状を登ります。

少し急な登りを終えると、東屋があります。通り過ぎても良いですが、ファミリーハイクの場合はここで一息つくのが良いです。

道は続き、大山方面が望めます。

森の中を進みます。1日がかりの登山ではあっという間に過ぎてしまう道も、少し立ち止まって楽しめるのが岳ノ台ハイキングの醍醐味です。

30分ほど歩き、山頂に到着です。

山頂からの眺望は大山をはじめとした山々や渓を望めます。里山の景色に、とても癒やされます。

ゆっくりしたら、来た道を戻ります。

残念ながらこの日はおやすみでしたが、ヤビツ峠レストハウスでは軽食や丹沢グッズが入手できます。ヤビツ峠起点や付近の登山口を利用した際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

岳ノ台ハイキングで山時間に浸ろう

岳ノ台は丹沢の名だたる山々の中にひっそり佇む山頂で、半日の日帰りハイキングにおすすめです。

短い行程だからこそ贅沢な時間を過ごせるのが魅力で、仲間や家族と日常の喧騒から抜け出して歩いたり、山頂でひとり羽根を伸ばしてゆっくり山の世界に浸るなど、新しい山の楽しみを発見することができます。

岳ノ台ハイキングで、新しい山での過ごし方をぜひ見つけてみてください。